連作チャレンジ結果

里芋の収穫が始まっています。
待ちに待った収穫です。

が…

今掘っている圃場…

不作でした…

玉が昨年より小さく、
地元の方が呼ぶ「ヤケ」といわれる病気が入っている芋が多いです。

IMG_4787[1]
「ヤケ」の状態。指でこすると皮がズルっと剥けます。

 

秀品率が低く、選別作業に時間がかかります。
恐ろしくて時給換算できません(^^)

しかし、しかしです。

収穫できるモノがある。
売るモノがある。
買ってくれる方がいる。

これは幸せモンです。
(と、折れそうな心を修復)

 

味はですね~

伸びしろを感じさせるおいしさです。(表現1)
普通においしいですが、まだまだ感あります。(表現2)

 

里芋豆知識

この早い時期に収穫できる里芋は早生品種です。
ちなみに、ここ宮崎県ではほぼ「石川早生」という品種の里芋です。
そしてこの時期、全国に流通する里芋は、ほぼ宮崎県産ではないでしょうか。

宮崎県は里芋生産量全国ナンバー1です。

去年、宮崎では疫病が蔓延し、里芋農家は大打撃を受けました。
(あ、うちも大打撃でした)

里芋生産量全国1位を守りたい宮崎県も、危機感を持っています。

 

その前出の「ヤケ」の原因ですが、
疫病によるものだと言う人もいれば、
センチュウによるものだと言う人もいます。

今掘っている圃場は、去年も里芋を作付しました。
間にえん麦を作っているので、厳密に言うと連作ではありませんが、連作です。

使用した種芋は自家採芋で、「ヤケ」が入っている芋も使いました。

不作の原因はこの辺りかなぁとは思うのですが。

 

ご近所の何人かの方に反対された里芋の連作チャレンジ。

里芋は連作障害がでるので、連作はしないほうがいいという定説を、
覆すことはできませんでした(T_T)

 

おまけ
さと農園の産業革命


去年の収穫


今年の収穫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)