失敗は成功のもと?

梅雨が明け、待ちに待った晴天が続いています。
うだるような暑さに、梅雨が恋しくなってしまっている耕作者です。
午後四時くらいになると、ビールが気になってしょうがなくなります。

 

さて、「失敗・反省」というカテゴリーを作りました。

このカテゴリーの記事をなるべく書かないようにしたいものですが。

が!

あります。あるのです…。

 

透明マルチを使い、エネルギー吸引をするという話をしました。

エネルギーの吸引

2016.07.14

地温を上げ、気温を上げ、エネルギーを高めるということでした。

生姜の失敗

去年、生姜を作付するにあたり、
透明マルチと黒マルチを使ってみました。

そして、真夏の8月。
結構な数の株が消えているのです。

あわててマルチを剥がしましたが、
後の祭り…。
IMG_3765
左側が黒マルチ。右側が透明マルチ。
透明マルチ側の株が、見事に消えています。

エネルギーが強すぎて、「空」に転換してしまったようです(笑)

ちなみに今年は、この反省を踏まえ、マルチを使っていません。
しかし、草管理に追われています。

来年に向けての妄想策は、

  1. 初期に黒マルチを使い、
    梅雨明けに剥がすという作戦。
  2. 黒マルチの代わりに、防草シートを使い、
    それを張りっぱなしという作戦。

この2つを妄想しています。

里芋の失敗

これは今年の話です。
というか、今日の話です。

7月4日に根圏を広げる目的で、
透明マルチの上に、土を上げたのです。
IMG_4577[1]

土上げして2日くらいしてから、嫁さんが、

「なんか小さい株が消えてるね」

と言ってきたんです。

ゲっ!と思って見てみると、確かに少なくなった気がする。

この土上げが原因とは思いたくなく、
暑さのせいかなぁ、いや絶対暑さのせいだと
自己暗示的に思い込ませていたんです。

このマルチ上土上げの弱点は、ドカ降り雨で、
マルチの上の土が流れてしまうんです。

そして先週、このドカ降り豪雨が2日続いたんです。

案の定、マルチ上の土は流れ落ち、またむき出し状態。

もうすぐで収穫。それまで地温を上げすぎてはならない。
と、本日、再度土上げ実施しました。

IMG_4720[1]

明らかに頭を垂れております。

これはタダ事ではないと気づきますが、
時すでに遅しというやつです。

IMG_4721[1]

枯れ始めています。

根圏を広げようとして、よかれと行ったことが、
逆に根を傷つけていたという、本末転倒な結果。

畝間にも根が伸びてきていたということですね。

ここで思い出したのですが、
去年は、それを心配して土上げをやめているんですよ。

落ち込みます….orz

そして立ち直ります(^^)

 

そもそも、なぜ今土上げが必要か?と考えるかというと、
樹勢が弱いからなのです。

隣の慣行農家の畑の里芋はというと、
IMG_4722[1]
葉っぱ自ら日陰を作っているのです。
こうなれば土上げなんか必要ありません。

IMG_4567[1]
左側がうち。右側がおとなりさん。(T_T)

もうね、「精進します」としか言いようがないです…。

 

農業は、精神修行をさせてくれます。

 

IMG_4723[1]
イノシシの食べ残しの里芋を、いただきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)