私の広島

今日は広島に原爆が落とされた日ですね。

2012年の1月、私たちは移住先を探す旅をしていました。

寝泊まりは車の中。
LPガスとコンロと米を積み自炊。滞在先の地物で料理。

移住候補地は、海のある高知県、宮崎県に絞っていましたが、
どうせだったら道中、色んな所へ行ってみようと、寄り道の旅となりました。

広島平和記念公園も行ってみたかった場所の1つ。
もちろん寄り道をしました。

そこで不思議な体験をしたのです。

平和記念公園。
そこは名前の通り、平和な空間でした。

外国人の父親と日本人の母親がいて、
その夫婦の小さな娘さんがいて。笑い声が響いて。

当時2歳の息子と、その小さな女の子は、出会いの挨拶もなしに、
スタートの合図もなしに、遊び始めました。

そんな光景を眺めながら、
平和を感じ、幸せを感じていました。

そして、鐘を鳴らしました。

 

鳴らし終わった瞬間、

涙が止めどなく溢れたのです。
それは正に嗚咽でした。

しかし、感情はそれに反し、いたって冷静で、

なんでこんなに涙が出るんだ
人に見られたらマズイ
泣きやまなきゃ

そんなことばかり考えていたと記憶しています。

 

潜在意識が誘発したものなのか。
爆死した人たちの意識とチューニングが合ってしまったのか。

考えても考えても、答えが出るもんでもないですが…

忘れられない出来事であり、
8月6日に必ず思い出す出来事になりました。

 

今の平和がずっと続くことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)