キジ

たいへんご無沙汰しておりました。

1月にブログデータが吹き飛び、
復旧させようと試みましたが、
無料サーバー利用のため、復旧できませんでした。

それから心が折れてしまい、
ブログから離れてしまっていました。

松任谷由美も言っています。

「すべてのことはメッセージ」と。

消える必然だったのでしょう。

気を取り直し、またチョクチョク更新していきます。

 

梅が咲き、桜が咲き、そして散り、
夏野菜準備の農繁期がやってまいりました。

畑の枠に生えている茅やスイバも成長してきます。

昨日のことです。
草刈をしていました。

ゴンッ! とイヤな感触が刈払機を通して伝わったと同時に、

何かがブワッっと飛び散り、

そこから勢いよく何かが飛び出してきました。

 

それはメスのキジでした。

メスのキジは、1メートルくらいのところに留まり、
羽をばたつかせ、ピクピクと痙攣しています。

やってしまったー

ゴメンよゴメンよ

何もできず呆然と立ち尽くしていました。

 

やがてメスのキジは動かなくなりました。

 

なんとも言えない落ち込みの中、
ふとキジがいた場所を見ると、

卵がありました。

 

普段、キジはオスメス関わらず、
人が近づくと逃げます。

ましては、エンジン音を響かせ近づいていったのだから、
気づかないワケがありません。

身を挺して、卵を守ろうとしていたのでしょう。

 

落ち込みます。

 

殺めてしまったのだからしょうがない。

食べるのが弔いだと思いましたが、
私は鳥をさばけない。

土に埋め、微生物たちに土へ還してもらうことにしました。

卵は持ち帰り食べることに。

 

犠牲と循環の境目を考えてみましたが、

犠牲は感情いかんで動くけど、

循環はいつでもそこにあるという結論でした。

 

しかし、自分が関わる大きい動物の死は、

感情が揺さぶられます。

がしかし、私も

卵や仔猫を狙うカラスと何ら変わりないということが、

改めてわかりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)