いつも実験。いつも勉強。

秋冬野菜の準備に追われております。

今日も大根を播種しようと考えていましたが、
沖縄付近に台風12号が発生!
宮崎直撃コース!

播種断念。。

台風銀座と言われた宮崎県ですが、
最近は台風過疎だなぁなんて思っていた矢先。

来ますよね…やっぱり。

 

ここ最近、雨が降らなかったので人口雨を降らせていたんですが、
種の流亡を心配せねばならなくなりました。
IMG_4915[1]

昨日播種した、人参とビーツは大丈夫だろうか…

人参は、
F1アロマレッド
バイオレットハーモニー
イエローハーモニー
の3種。
IMG_4923[1]

ビーツは、兵庫の友人たーくんがアメリカから輸入した種。
IMG_4922[1]
たーくん、ありがとう!
ちゃんとできたら、ビーツ現物で支払います(笑)

 

よく農家の方たちが言う

「農業はバクチだかんなぁ」

という言葉。

みんなが豊作ならば供給過多による価格下落必至。

今回の北海道を襲った大雨のように、
天候不順や、天変地異などによる産地大打撃などがあれば、
価格高騰になり、その野菜を持っている農家は御殿が建つ。

いつしか農家は、他の人の豊作を祝えなくなってしまった・・・。

 

なんて話をしたいのではなかった。

私たちみたいに技術値や経験値が少ないと、天候とは別口で、
毎回ギャンブル的要素が否応なく加味されちゃうわけです。

毎回ドキドキなわけです。

M農業?。

でも攻めています(笑)

 

最近の実験。

自宅畑

鶏糞とEM発酵米ぬか撒いて耕耘。
そして陽熱処理。
IMG_4883[1]

こちらには、自家用のキャベツ、ブロッコリー、白菜などを作付予定。

これは茨城笠間市のkamosが実践している方法。
(kamosはEM発酵米ぬかは使わず、普通の米ぬかを使っています)

kamosのキレイにそろった綺麗な小松菜。
圧巻です。

(出典:炭素循環農法HP

kamos代表の大橋さんとは、茨城の農業法人で一緒に研修を受けていました。
それ以来の友人です。

畑に対する考え方が似ているため、
今でも電話でやり取りすることが多いです。

彼とも話をするんですが、
畜糞堆肥がダメとか、化成肥料がダメとか、モノがダメなわけではないんです。
ちゃんと使えていない私たちがダメなだけなんですね。

この辺、原子力にも通じる部分がありますね。
決して原子力が悪いわけではないですからね。

 

情報に惑わされずに、原理を識ることを知る。
まではいかないにしろ、審美眼、鑑識眼を磨く必要はあると思います。
リテラシーとでも言いますか。

あれがダメ、これがダメ、とか言っているうちは
まだまだダメなんだと思います。

あ、ダメ言うた。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)